【雑記】就職説明会が思った通りくそつまんなくて時間の無駄だった話(1)

仕事

こんばんは、守田一郎です!!今回は就職説明会で思ったことについて書きます。

ついに来た就活の時期

さて、僕は今年大学生の3回生なんですね。すると、学期が始まったころから就活!就活!って言われるんですが、今ぐらいがまさにちょっとずつ始まる時期なんですね。早すぎやろ。

そんな就活において、今回の就職説明会は本当にはじめの一歩という感じです。今夏、インターンに行った学生はそんなことないのですが、僕みたいに将来のこともろくに考えないで遊びほうけてた阿呆にとっては企業の人物と接するのはほぼ初めてです。

僕は正直、今までやりたいこともなくだらだらと過ごしてきました。最近ようやっと”文章を書く仕事なんかがええなあ”なんて思い始めましたが、文章を書くなんていう会社が説明会に来るとも思えないのでこんなこと時間の無駄だと思っていました。

授業で強制的に聞きたくもない会社の説明を聞かなくてはならないのは当然つらいですし、時間の無駄ですし、何より双方にとってメリットがなく、失礼ではないのかな、と思うのです。まあこうでもしないとみんな就活をしないのかもしれませんけどね。自分で動くということはなかなか大変ですから。

それでもやはり”参加したくねえな””絶対その時間ブログ書いてたほうが有益や”なんて思っていました。

それでも単位のためなら

しかし、生徒には参加しないという選択肢はありません。なぜなら、この苦行を乗り越えた暁には大学生の信仰対象となっている”単位”が手に入るのです。

”単位”は、大学生にはなくてはならないもので、それを持っていないということは、すなわち”死”を意味します。過去には、”単位”をかけて行われた戦争や、”単位”の奪い合いで行われた決闘、”単位”の集団窃盗などがありました。

当然闇市場では”単位”は一番の高値が付きますし、”単位”のオークションなんてものもあります。戦後最大の留年生で、大学12年生という猛者がおりましたが、彼は”単位教”の教祖で、年間数百億もの売り上げを上げていたそうです。

とまあ、大学生にとっては”単位”は命よりも大事なものなのです。なので就職説明会はさぼれません。しかも必修だしね。人間で言ったら心臓です。

1社目!!

さて、僕が最初に行ったのは”小池酸素工業株式会社”さんでした。理由は一番上に掲載されていたから。

主に鉄を加工しているそうで、取引形態はBtoBだそうです。日本シェアはトップクラスですし世界では80ヶ国以上で使われているそうです。名前こそ知られていませんが、日本のトップ企業と言っても過言ではないでしょう。

説明に来てくださった方もとても感じがよく、でも固すぎず話も上手い方でした。とてもうまい説明だったので知らなかった会社でしたが印象がかなり良くなりました。

ただ、話を聞いているのもつまらないし、どうせ就職することはないので質問タイムで神戸製鋼の事件について聞いてみました。しかしそれでも丁寧に答えていただいてうれしかったです。

なんでも、幸いなことにあまり不正が行われていなかったものを仕入れていたらしかったです。ただ、やはり業界はかなりの衝撃を受けたようですね。てかあまり不正が行われなかったってツッコミどころ満載ですね(笑)結局不正されてるやん…

 

少し文章が長くなってしまったので、【雑記】就職説明会が思った通りくそつまんなくて時間の無駄だった話(2)に続きます。