【仮想通貨】仮想通貨が流行っているので、bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインを買ってみた

仮想通貨

こんにちは、守田一郎です。今回は仮想通貨が流行ってきているので、ビットコインを買ってみました。

仮想通貨とは

さて、まず仮想通貨とは何なのでしょうか。

ビットフライヤーによると”インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できる通貨”だそうです。

簡単にいうと中央銀行以外が発行できる通貨といったところでしょうか。種類は600種以上あるそうです。価値が認められて資金が流入すれば、発行者はウハウハでしょうね。

今一番有名な仮想通貨はビットコインだと思います。なんと夕方のニュースで見かけたのにはびっくりしましたね。そこまで有名になったのかと。

今1ビットコインはなんと220万円ほどになっています。僕は今年の夏ごろにビットコインの存在を知り、その時は30万円ほどだったので7倍以上の値を付けています。この時でさえ”もう下がる、買っている奴はアホだ”などと言われてたのに7倍ですからね…今ももうバブルがはじけるといわれていますが、ここまでくるとどうなるかわかりませんね。2020年には1000万円になるなんて言われてたりもします…(笑)

また、ビットコイン以外の仮想通貨を”アルトコイン”と言います。ビットフライヤーによると”アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨価値記録)の総称。ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わらない。”だそうです。値段の安いビットコインと思っていれば大丈夫そうですね。(笑)代表的なアルトコインは、ライトコインやイーサリアム、中には日本発祥のモナーコイン、なんてものもあるそうです。

ここまでは仮想通貨の紹介をしましたが、仮想通貨は取引所でしか買うことができないので次はその紹介をしたいと思います。

取引所

取引所はいくつかあるのですが、日本で代表的なところと言えば”Zaif”、”bitFlyer(ビットフライヤー)”、”coincheck(コインチェック)”の3つですかね。

”Zaif”はこの前の【雑記】Zaifからハガキが届かない話で記事にもしたので覚えている方もいるかもしれません。僕が一番最初に申し込んだ取引所もここでした。Zaifは取引できる通貨量が一番多いみたいです。また、ビットフライヤーやコインチェックはビットコイン以外の通貨を”販売”しているのですが、Zaifは売りたい人と買いたい人が直接取引できるので手数料がかなりお得です。一番おすすめの取引所ですね。しかし、上でも書いたように今混雑しているようでなかなかハガキが届きません。今も届いてません(笑)なので、もっと早く取引したい!っていう人には向かないかもしれませんね。

次に”bitFlyer(ビットフライヤー)”なのですが、とにかく取引できるようになるスピードが速いです。下手したらその日のうちに開始することができます。めちゃくちゃ速いです。ほかの2つの取引所はハガキが来ないと取引できませんが、ここは本人確認と口座確認さえできればすぐにできます。仮想通貨は、ビットコイン以外にライトコインやモナコインなどがありますが、ビットコイン以外は割高なので取引には向きません。とにかくすぐに取引したい!ビットコイン以外はやらない!という方にはとてもおすすめです。ちなみに今回はビットフライヤーを使いました。

最後に”coincheck(コインチェック)”ですが、ここはハガキが来ないと取引できませんがその代わりに割と早く届くみたいです。そのためZaifよりは早く取引ができます。おそらく機能はビットフライヤーとあまり変わらないのかな?使っていないのでわかりません。ただ登録は簡単でしたし、おすすめです。ここもライトコインは販売方式です。

買ってみた結果

さて、ビットフライヤーに申し込んでから翌日。なんと入金すればビットコインが買えるようになってるじゃないですか。これは買うしかないと1万円を入金しました。30分もたたないうちに入金完了の知らせ。めちゃくちゃ早いですね。ビットフライヤー優秀。

まずはホームを開きます。そして”ビットコイン取引所”を選択します。この時間違っても”ビットコイン販売所”を選択しないように。割高な値段で買ってしまいます。待ち時間はいらないという利点はありますが。

PCの画面のホーム。販売所ではなく取引所を選ぼう。

取引所を開いたら画面の下のほうに売買ボタンがあります。それぞれ買う数量と値段を選択します。今回は”指値”という注文方法で、”その値段になったら買う”というやり方です。なので、その値段になるまでなかなか取引が成立しません。今回は買い注文を出した瞬間に値段が上がってしまってなかなか注文が通らなかったです。

値段と数量を設定して買い注文を出す。現価格が2193458円なので、2195000円になるまで取引は成立しない。

こうして、0.045ビットコインという小さい単位だがビットコインを購入することができた。手数料が0.01%~0.15%ほどかかるらしいのでそこは気を付けよう。微々たるものではあるが、チリも積もればなんとやらである。

さて、このビットコインがどのように上がっていくか楽しみである。

まとめ

今回はごく簡単に説明をしました。ほんとはもっと詳細に説明したいのですが、今回の趣旨は”ビットコインを買った”なのでまた違う記事で書きたいと思います。

さて、見てわかるように結構簡単だと思います。たくさん取引したいならZaif、早く取引したいならビットフライヤーってとこですかね。出川が好きならコインチェックで。(笑)

今、Zaifで買いたいなーと思っていた前記事でも書いたXEMなんかは4倍くらいになっています。めちゃくちゃ悔しいです(笑)惜しいですね。Zaifめ…(笑)

しかし、このように数日で4倍などになったりする高リスクな世界でもあります。決して生活資金や大事なお金を突っ込んだりしないで余剰資金で取引を行いましょう。自己責任の世界ですから。今は大儲けしか目立っていませんが結局はどちらかと言えば”投機”です。十分気を付けましょう。

筆者はかなり仮想通貨にはまってしまいました。これ、かなり面白いです。なのであまりブログが更新できてません。(笑)頑張って1日1記事は書きたいんですけどね。今も仮想通貨の勉強中です。昨日から始めました。またすぐ仮想通貨の記事を書くと思います。お楽しみに。

目指せ億り人!!!

 

守田一郎