”新海誠展”に行ってきたので、その見どころベスト5を発表するよ!!

アニメ

こんにちは、守田一郎です。今回は”君の名は”の監督、新海誠の展覧会に行ったので、その見どころベスト5を書いちゃいます!!

新海誠展とは?

新海誠展とは、文字通り”君の名は”で一躍名をはせたアニメ映画の監督、新海誠さんの展覧会です。”「ほしのこえ」から「君の名は」まで”というキャッチフレーズがついていて、彼が今まで作った作品などの紹介などが展示されています。新海誠ファンにとっては垂涎ものですよ。

しかしまさか新海誠が展覧会を開くようになるとは…仮想通貨よりも読めない男ですな。

僕が行ったときは六本木の国立美術館で行われていて、(六本木では12月18日に終了しました。)ちょうどよかったので見に行きました。

今は札幌で行われてるみたいですよ!ちょっと遠いですね(笑)ただ全国を回るみたいなのでまだまだチャンスがありますよ!

詳しくはこちらの公式ホームページを見ていただければ今後の予定などもわかります。

実際に行ってみたよ!

さて、僕はかねてより新海誠大先生のファンですし、何よりも暇だったのでわざわざ六本木までこの展覧会を見に行きました。新海さんには感謝してほしいものです。

国立美術館には1時間くらいで着きました。意外と近いものなのですね。なんか勝手に六本木って遠いイメージがありました。

着いたらチケットを買わなくてはなりません。その時はラスト2日に行ったので、結構人が並んでました。あと、安藤忠雄さんの展覧会もやっていて、その列もものすごかったです。

確かチケットは1500円くらいで意外と高かったです。新海君も偉くなったものだな。まったく。

チケットを買うのには5分くらいかかったのですが、入場にも5分くらい待ちました。意外と見に来てる人が多かったんですね。

ちなみに安藤忠雄展のほうは入場まで60分待ちとなっていました…(笑)安藤忠雄展は1階で、新海誠展は2階だったのですが、上からその待機列を見るとものすごかったです(笑)ディズニーランドのスプラッシュマウンテンぐらいは並んでましたかね。あれ、スプラッシュマウンテンってシーだっけ?

この5倍くらいの列が置くまで続いていました(笑)

さて、中に入るととにかく人が多かったです(笑)まさかあんなに人がいるとは…人口密度で言うたら平日17時ぐらいの山手線くらいですね。結構混んでますよね(笑)

ちなみに中は一切撮影禁止で、最後に撮影スポットがありました。資料がきれいだったのでとても写真を撮りたかったのですが、残念でした。気をつけなはれや!

まず最初の展示は、3分ほどのムービーでした。たしか歴代の映画をつなげて作ったショートムービーでした。ネタバレになっちゃうので詳しくは書きませんが、結構きれいでしたよ。

そこからは歴代の作品を古い順に並べて紹介をしていく流れでしたね。”ほしのこえ”→”星を追う子ども”→”雲のむこう、約束の場所”→”秒速5センチメートル”→”言の葉の庭”→”君の名は。”の順で展示がなされていました。結構どの作品も詳しく紹介されていて、よくわかるようになっていたと思います。

所々で新海監督事態のエピソードもあったりとかなり満足な展覧会だったと思います。展示は1時間程度で見終わることを想定していたらしいですが、じっくり見ると2時間以上はかかると思います。意外と濃かったですね。

最後はフォトスポットがあり、そこではみんなが写真を撮っていましたね。スタンプが押せる台などもあり、最後も楽しかったです。

グッズ販売もありました。目録やスカーフが売っていましたが、みんな結構いい値段でしたね。新海さんだいぶ強気ですよ(笑)ただ品質はかなり高そうでした。やっぱり”君の名は。”のグッズが目立ったかな。

先ほども言いましたが、終わってみると大満足な内容でした。”君の名は。”が一番目立ってしまってほかの作品が死ぬのではないか、なんてことも思っていましたが、全く杞憂でよかったです。さすが新海誠。

さて、みなさんが新海誠展に行きたくなってきたところでそろそろ見どころベスト5に移りたいと思います。

僕が独断と偏見で選ぶ”新海誠展”見どころベスト5!!

第5位:壁に貼ってある文字

僕が独断と偏見で選ぶ”新海誠展”見どころの第5位は、”壁に貼ってある文字”でした!君は何を言っているの?と言われそうですが、これは結構インパクトがありました。

これは紹介ブースにその作品の名言みたいなのが貼ってあるんですよね。青い文字で壁にですよ!すごいインパクトありません?どうやって壁に印刷したんだろうとか、なんで壁何だろうかとかすごい不思議になりました。やっぱインパクトを与えたかったのかな?って僕は思いました。

独自路線で初めて見たので面白かったです。ほかの展示場ではどうなってるかわかりませんが、面白かったので、第5位に選びました。ぜひ見てほしいです。

第4位:その作品を作っているときのPC環境

僕が独断と偏見で選ぶ”新海誠展”見どころの第4位は、”その作品を作っているときのPC環境”です。これは興味ある人が多いんじゃないかなあ。

これはそのまんまですが作品の紹介ブースにその当時のPC環境が展示されていました。新海さんはずっとMacを使っていましたね。しかし、今とほしのこえを作っていた時の環境はずいぶん違っていて、ほしのこえを作っているときなどはHDDが1GBとかでしたね。当時のハイスペックなPCでそれですから、制作環境がどれだけ進化したかが見れて面白かったです。

ただ、あまり見た目は変わっていなくて、ほしのこえのPCはどでかいデスクトップパソコンだったんですけど、君の名はのPCもどでかいデスクトップパソコンでした。

あのPCであの素晴らしい風景画を描いてるんだなあと思うと感慨深いものがありました。

第3位:ほしのこえの紹介ブース

僕が独断と偏見で選ぶ”新海誠展”見どころの第3位は、”ほしのこえの紹介ブース”です。

ぼくは、結構長く新海さんのファンなのですが、唯一ほしのこえだけを視聴したことがなかったので、ほしのこえの紹介ブースはすごい新鮮でしたね。最初のころの絵はこんな感じだったのかーとか、ほしのこえってエヴァに似てんなーとかそんなことを思いました。てか背景の絵が最初からすごくてびっくりしました。あの低スぺパソコンでよくかけたな。

ファンとか言ってんのに新海さんのルーツのほしのこえを見たことないのはどうなの?なんて思われそうですが、そこはご愛敬です。許してください(笑)

確かかなり短い作品なのでデータさえあれば見たいのですが…なかなか見る機会に恵まれないですね。今年の目標に”ほしのこえを見る”を追加します。

第2位:フォトスポットのVRフォト

僕が独断と偏見で選ぶ”新海誠展”見どころの第4位は”フォトスポットのVRフォト”です。

これは、VRを利用してまるで作品の中にいるような写真が撮れるすぐれものです。この時は言の葉の庭の世界で写真を撮りました。個人的に言の葉の庭が一番好きなのでうれしかったです。しかもこのイベントはみんな恥ずかしがってあまり並んでなくてお得でした(笑)僕はこういうのが好きなので一石二鳥でしたね。同行者は嫌がってましたが(笑)

とりあえず撮っておけば話題になることは間違いなしですよ!たぶん人前でVRに映って写真を撮ったという妙な絆も生まれますし(笑)人も少ないですし圧倒的おすすめです。僕は髪型がひどくなっちゃってそれはそれでおもしろかったですよ!

第1位:君の名はの紹介ブース

僕が独断と偏見で選ぶ”新海誠展”見どころの第1位は”君の名はの紹介ブース”です。うわ!一番無難なとこ来た!とか思いました?僕もそう思います(笑)

でもやはり新海さんの作品の中で一番勢いがありましたね。伏線やサイドストーリーもありつつ、設定の紹介が秀逸でした。ブースもやはり豪華でしたしね。一番人が多かったと思います。新海さんが全国的に有名になった作品ですし、思い入れもありますよね。

パソコンのスペックがめちゃくちゃ上がっててすごいウケました(笑)また、絵コンテもすごい綺麗で、君の名だけ絵の進化がすごいなあ…とか思いました。

人物の身長比較などもあり、すごい面白かったですね。滝くんチビやなあ~(笑)

まあ詳しくはぜひ見てみてください。期待以上のものが見れると思いますよ!

まとめ

今回は僕の独断と偏見で選びましたが、ほかの作品ブースもすごく面白かったです!紹介したところも他のブースもどこも面白いのは間違いがないですね。

僕は言の葉の庭が一番好きなのですが、当然紹介ブースが充実していてすごくうれしかったです。みんなに大人気の秒速5センチメートルも、みんながほとんど知らないであろう星を追う子どももどちらも面白かったです。

正直星を追う子どもなんか新海ファンでも擁護しきれないくらいなんじゃないの(何が?とは言いません(笑))と思っていますが、ブースはとても面白かったです。短い映像もありましたが、久しぶりに見たのでとても面白そうでした(笑)

今回はあまり詳しく話していませんが、何回も言っている通り、期待以上に面白いです。僕も疲れていて全然期待していなかったのですが、予想以上に面白くて満足いたしました。ありがとう。

これからも全国でやるみたいなので、見に行ってない人はぜひ見に行ってみてください。絶対楽しめますから。とりあえず今は札幌でやってるみたいなのでみんな札幌にゴーだ!!

 

 

守田一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

横浜に住んでる大学生。学年は3回生 何でも書きたいので雑記ブログを選びました。 ブログは天職だと思っています。文章書くのが好きすぎる テニスと魚と釣りについては語れます。あと仮想通貨といわき市も好き。HIPHOPに関してはにわか