【いわき市】小名浜港でアナゴ釣り!かば焼きでも天ぷらでも刺身でも文句なし!【釣り】

いわき

こんにちは、守田一郎です!

今日は地元でアナゴを釣ったのでそれについてレポートします

今回僕が釣りをした場所はいわき市の小名浜港ですが、結構釣りで有名なので行ったことある人もいるかもですね

小名浜港はこんな場所!

小名浜港は福島県で一番大きい港です!10か所以上のふ頭からなっているのでとても大きいです

魚市場から水族館まで魚好きにはたまらない場所ばかりです

今回は基本的に砂地になっていて、車で乗り入れることのできる魚市場前で釣りをしました

小名浜港の詳しい概要は下記リンクからどうぞ

小名浜港について‐福島県

下の画像の赤丸が今回釣りをしたところです。車で乗り入れられるのでおススメですね

赤丸が小名浜港の漁港前

簡単なアナゴの釣り方

まずは簡単なアナゴの釣り方を解説したいと思います!

アナゴはこの夏が旬で、今が一番おいしくてしかもよく釣れる時期です!夏はばちこりとアナゴを狙っていきましょう!

アナゴの釣り方ですが、アナゴは仕掛けに巻き付いてしまったり、針を飲んでしまう習性があるので基本的に1本針がおすすめですね

僕は簡単に針とおもりを直結して釣りをしています。針はすぐに外せるようにサルカンにつないでおきましょう

釣りあげたときはおそらく針を飲まれているので基本的に1匹に1針という感じで針を交換します。針は多めに用意していきましょう

道糸はたまに根に引っかかったときに切れないように4号以上がおすすめです。おもりは3号以上なら何でもいいでしょう。個人的にはナスおもりがおすすめかな

針は何でもいいですが強いて言えば吸い込みやすい流線形がいいですね。針は意外と小さいアナゴも多いので10号くらい、ハリスは2号程度でいいです

下の画像の赤丸はサルカンを使って針とおもりを直結しちゃいましょう

下手ですが許してください(笑)

エサはサンマやサバなどの青魚の切り身やイソメがいいみたいです。特にサンマの切り身は特餌みたいですよ。贅沢ですね…(笑)今回はいわきではポピュラーなイソメを使いました

小名浜港は全体的に砂地が多いですが、ところどころに根が点在しています。やはり根があったほうが魚は多いので根を探ってその近くを攻めてみましょう。根がかりのリスクは上がりますが、アナゴが釣れる確率も上がります

アタリは最初は小刻みに竿先が震え、食い込んだら一気に引き込まれます。引き込まれたら焦らず合わせましょう。大体針を飲んでいるのでばれることは少ないです

釣りあげたら〆ますが、もし刺身にしたい場合は血に毒があるので思い切って首としっぽの先を切って念入りに血抜きをしてください。この工程を怠ると中毒リスクが上がります。火を通すなら脳を破壊して背骨を断ち切るだけでいいです

〆たらしっかりとクーラーボックスで冷蔵保存してください。アナゴは鮮度が落ちやすいので気を付けましょう

実際に小名浜港でアナゴを釣ってみたよ!!

さて、今回は実際に小名浜港でアナゴを釣ってみました

僕は基本的に車で乗り入れできる漁港前で釣りをしています

漁港前は砂地ですが、たまに根があるのでその近辺を探ります。おかげで何回根がかりしたことか…

3回の釣行で計3匹のアナゴをしとめることができました。しかしサイズは35㎝程とあまり伸びない結果に…

地元の人が言うにはもっと大きいアナゴもいるそうですが残念ながら釣れませんでした

ただ、サイズは小さいながらも結構太くて腹は金色に光っているので脂の乗りは十分すぎるほどでしょう。さすが旬のアナゴですね

天ぷらにちょうどいいサイズ

実はこのくらいのサイズがてんぷらにちょうど良く、結構高値で取引されるんですよね。もし生きたまま取引されたらキロ3000円くらいで取引されるんじゃないかな。大体このアナゴが200グラムくらいなので1匹600円ですね

つぶらでキュートな瞳

3本釣ってすべてこのくらいのサイズなので小名浜港のアベレージはこのくらいなのかもしれませんね。どうせならもっと大きいのを釣ってがっつり刺身でいただきたいところです

まだまだ釣り足りないので後日またアナゴを釣りに行きたいと思います。今度はサンマの身餌でも使ってみようかな。イソメは汁が出るのが気持ち悪いですね(笑)

小名浜港でアナゴ釣り!のまとめ

さて、今回は小名浜港でアナゴを釣ったよ!という記事を書きました。いかがでしたか?

結構僕意外にも釣ってる人がいて、魚影は濃いみたいですね。ぜひ皆さんも釣りに行ってみてください

ただ、どうやらアナゴの魚影が濃くてほかの魚は釣れにくいみたいです。ほんとアナゴばっかりです(笑)

あとはカニも多いのでカニアミをぶっこんでおくのもいいかもしれませんね。素敵なお土産が期待できます

実はこのアナゴを持って帰って刺身や湯引きにしてみたのでそのうち記事にしてみたいと思います。小名浜のアナゴ料理編です

さて、今日はここまで。小名浜のアナゴ料理編、乞うご期待あれ!!

※アナゴの粘液及び血液には神経毒が含まれています。熱を通せば問題ないですが、もし刺身を作るなら十分な血抜きと粘液取りが必要です。経験者にお願いするか、自分で勉強したうえで、自己責任でやりましょう。